秋田県トラック協会の活動

 秋田県トラック協会では、交通事故防止対策、環境問題対策、各種助成事業、技能講習会など、様々な活動を通して、トラック運送事業の適正な運営と健全な発展を促進することで、よりよい輸送サービスの提供を目指して活動を展開しています。

 

交通安全対策事業

 トラック事業における総合安全プラン「2020」や、全ト協が定める交通安全対策中期計画に従い、社会との共生を図りながら交通事故防止活動を積極的に推進しております。

 

【交通事故防止啓発活動】

 行政機関との連携により季節毎の交通安全運動キャンペーンに参加するとともに、キャンペーン期間中には地域毎に「街頭指導」として交通事故防止啓発活動に取り組んでおります。

 

【交通事故、労働災害防止活動】

 交通事故と労働災害防止意識の高揚を目的に、「交通事故・労働災害防止大会」をブロックごとに開催しています。

 

【歩行者ファーストの推進】

 秋田県警が取り組む交通安全運動「歩行者ファースト」の推進に向けて、県警本部・秋田県バス協会・秋田県ハイヤー協会・秋田県トラック協会の4者で覚書を交わしました。覚書には、歩行者保護の徹底や一般ドライバーの見本となる運転の実践などが盛り込まれています。

・歩行者ファーストチラシ

 

【飲酒運転防止の取り組み】

 毎年12月に飲酒運転の根絶のためチラシを作成し、会員の皆様に配布するとともに協会職員による飲酒運転追放呼びかけ巡回を実施しています。

 

【その注意ありがとう運動】

会員のトラックドライバーの運行状況におけるマナーの欠如や危険運転について注意(通報・連絡)をいただくことにより、事故防止と安全運行の励行に努めています。「指摘をいただいてありがとう」の感謝の気持ちでドライバーの指導・教育に反映させることを目的とする秋田県トラック協会独自の取り組みです。

上記のステッカーをトラックに張り、走行しています!

 

環境改善対策事業

 全日本トラック協会の定める「新・環境行動計画」に従い、一層深刻化する地球温暖化問題や、トラック業界を取り巻く社会環境、環境の変化等に的確に対応し社会との共生を図っています。

 

【環境セミナーの開催】

 環境に対する意識向上を目的に、身近なテーマをもとにセミナーを開催しています。

 

【省燃費安全運転講習会】

 エコドライブの推進を図るため、省燃費安全運転研修会を開催し、省エネ運転を通じて地球に優しい運転の励行に努めております。

 

 

  • 【クリーンアップ活動の実施】 
  •  地域奉仕活動の一環として、県内の主要国道沿線等においてゴミ拾いなどのクリーンアップ活動を行っています。

  

 

  • 【トラックの森】
  •  植樹による森の再生並びに森林保護育成を図ることで、地球温暖化の大きな要因となるCO2の削減に寄与することを目指した「トラックの森」づくり事業に取り組んでおります。

  

 

労働対策事業

 トラックドライバーの高齢化に加え、近年はドライバー不足が深刻になっております。こうした状況を改善するため、若者の採用・育成に向けた取り組みや女性ドライバー採用のための職場環境の改善といった新たな取り組みも求められております。

 また、ドライバーの健康棋院事故の発生も多くなっていることから長時間労働の改善を含めた取引環境・労働環境の改善も急務となっております。

 

  • 【初任運転者講習】
  •  初めて運転業務に従事する者が未然に事故を防止し安全作業に結び付けていくために初任運転者に対する講習会を実施しています。

 

 

  • 【合同面接会及びインターンシップ説明会】
  •  運送業界への関心のある人達と、ドライバー不足に悩む県内の運送事業者の方達とのマッチングを図るため、ハローワークと連携し合同面接会を実施しています。
  •  また、高校生を対象に運送業界への関心と理解を深めていただくために、県内の高校を訪問し「物流業界ガイダンス」を行っています。

  

 

  • 【トラック輸送における取引環境・労働時間改善協議会】
  •  平成27年7月30日、トラック輸送における取引環境・労働時間改善秋田協議会を学職経験者、経済団体、労働団体、荷主企業、運送事業者、事業者団体、行政機関による協議会が立ち上げられ、長時間労働の改善や取引環境の改善に向け取り組んでおります。
  •  この協議会は、中央及び全国の都道府県でも立ち上げ、検討を進めております。

 

適正化事業
  • 【貨物自動車運送適正化事業】
  •  トラック運送事業の運営を適性かつ合理的なものにすると共に、民間団体等による自主的な活動を促進することにより事業の健全な発展を図ることを目的に、平成2年12月に「貨物自動車運送事業法」が施工されました。この事業法に基づき「貨物自動車運送適正化事業実施機関」が創設され、トラック運送事業の健全な発展を図るため、適正化事業を推進しています。
  •  適正化指導員は、巡回指導等を通してトラック運送事業者の良きパートナーとして、またアドバイザーとして指導しています。

 

緊急・救援物資輸送対策事業
  • 【緊急救援輸送体制の確立】
  •  平成7年1月の阪神・淡路大震災、平成23年3月11日に東日本大震災、そして平成28年4月14日の熊本地震の発生など、近年地震や大雨などによる災害が多発しており、災害発生時における緊急支援物資の輸送体制を整えることが不可欠となっております。
  •  秋田県トラック協会では、災害対策基本法や国民保護法施工に伴う秋田県の指定地方公共機関として、「災害時における緊急・救急輸送等及び物資保管等に関する協定」を結び、大震災や風水害及びテロなどの緊急時に備えるとともに自治体が実施する訓練に参加し、緊急物資輸送体制の整備に努めております。

 

 

 

 

秋田県貨物自動車運送適正化事業実施機関 カレンダー 会員の皆様へ 運行管理者試験 青年部会 陸災防